「学年別グループ授業」×「完全個別指導」

 これまでの一般的な塾においては、一人の講師が多人数の生徒に講義を行う「集団授業」の形式か、一人の講師が1~3人程度に指導を行う「個別指導」が主流でした。

 菊池塾は、これらを組み合わせた指導法を考案しました。

 それが、「学年別グループ授業」×「完全個別指導」方式です。


これまでの指導形態 メリット デメリット
集団指導

ライバルとの競争

学校より早い進度 

多人数だと授業レベルが合わない

ついていくことが難しい 

5科目受講が必須な場合が多い

授業の必要がない単元も受講する

個別指導 自分に合った指導

講師に任せきり

自分で考える癖がつきにくい

ライバルが生まれない

5科目すべて受けることが難しい


 従来の指導のメリット・デメリットを基に、より良い指導方法がないか検討し、次の指導形式を導入しました。

 

 グループ授業と完全個別指導を併用し、英語・数学を確実に理解した上で、理科・社会・国語はメリハリをつけて学習する、志望校までの最短ルートを提案します。

 

①塾長による最大4人の「学年別グループ授業」

  • すべての授業を塾長が担当いたします。
  • 英語・数学・社会・理科をグループ授業で指導します
  • グループ授業によって、優秀なライバルとの競争が生まれます。

 

②塾長とマンツーマンの「完全個別指導」

  • すべての授業を塾長が担当いたします。
  • グループ授業の補足、苦手科目の集中受講、各中学校別の定期テスト対策を完全個別指導で行います。
  • どうしても理解が必要な事項のみを対面で指導し、学習のスピードアップ・効率化を図ります。

 以上の特徴をもつ指導形式により、生徒様の学力向上に貢献します。