05日 5月 2019
あなたは「宿題」は必要だと思いますか?いらないと思いますか? 宿題が必要か否か、という議論については多くの意見があるのですが、大きく分けて2つあります。 肯定論では、このような主張がされます。 ・宿題をすることにより、学校や塾の授業で学んだことが定着する ・学習内容の定着により、学力が向上する...

高校入試の先のこと · 26日 4月 2019
「行くなら面倒見のいい高校がいい!」と話す方とよくお会いします。 たとえば、「生徒を放任する高校より、生徒を手厚く見てくれる高校に行ったほうが、成績も伸びて大学受験もうまくいきそう」という考えです。 では高校、特に進学校における「面倒見の良さ」とはなんでしょうか? 皆さん、思いつきますか?...

勉強に対する心構え · 17日 4月 2019
受験に必要なのは、「反射神経」です。 いやいや、入試問題を解くには「思考力」とか「表現力」とかでしょ。それがこれからの入試で問われることじゃん。そんなツッコミが聞こえてきます。...

10日 4月 2019
 中学生によくあるのが、「部活問題」です。  特に運動部に多いのですが、「部活で疲れて勉強できない…宿題もやってない」という、顔が欠けたアンパンマン状態であることもあります。下手すると宿題をしてきていない上にマンツーマン指導の授業でも眠たそうな生徒までいます。...

高校入試の先のこと · 15日 3月 2019
福岡県公立高校の合格発表から一夜明けました。皆さまの新しい春の幕開けを心よりお祝い申し上げます。 第一志望校に晴れて合格した方は、心躍る日々ですね。ただし、ひとつだけ、心に留めておいてもらいたいことがあります。 「合格」とは「高校に入学する権利」を得ることであり、それ以上でもそれ以下でもありません。...
高校入試(公立) · 13日 3月 2019
時は2004年3月。 福岡県公立高校入試の日でした。 その受験生が受けたのは修猷館高校。 当時の公立高校入試問題は現在とは異なり、「300点満点のうち270点の得点でも修猷館に不合格」という「ミスが許されない」問題でした。 国語、数学、理科、社会… その受験生はこれまでの勉強の成果を証明するかのように、淡々と問題を解いていきました。...
勉強に対する心構え · 11日 3月 2019
「悲劇のヒロイン」という言葉があります。読んで字のごとく、悲劇的な結果に終わる物語の主人公、ということです。 明後日、3/14は公立高校入試の合格発表の日です。今のうちに言っておきましょう。「あなた」が「不合格」になるかもしれません。 縁起の悪いことを、と思われるかもしれませんが、入試の性格上、合格者と不合格者が出るのは当然のことです。...
高校入試の先のこと · 10日 3月 2019
高校入試が終わりました。受験生のみなさん、本当にお疲れさまでした。 今回の入試が人生初めての入試だった方もいると思います。つらいことも苦しいこともあったことでしょう。卒業式も終わり、ほっと一息といったところですね。...
勉強に対する心構え · 03日 3月 2019
 公立高校入試も目前に迫っていますが、今回は「新」中学1、2、3年生の皆さまへのメッセージです。...

18日 2月 2019
 公立高校入試まで残り2週間ほどとなりました。当塾の塾生たちは、自習室での学習も含め、日夜勉学に励んでいます。中には「昨日は気絶するように寝てしまった」と限界に挑戦した生徒もいます。...

さらに表示する