· 

「面倒見の良い高校」と「合格実績スパイラル」

「行くなら面倒見のいい高校がいい!」と話す方とよくお会いします。
たとえば、「生徒を放任する高校より、生徒を手厚く見てくれる高校に行ったほうが、成績も伸びて大学受験もうまくいきそう」という考えです。

では高校、特に進学校における「面倒見の良さ」とはなんでしょうか?
皆さん、思いつきますか?

実は、私は、具体的な「面倒見の良さ」というものが、思いつかないのです。
「生徒一人ひとりに合った指導を・・・」
「生徒の進路を教師が真剣に考え・・・」
「大学受験を見据えたカリキュラムを・・・」
などと言葉を組み合わせていくものの、どれも何かが違う・・・と思ってしまいます。

高校のホームページなどを見れば、
「生徒の全人的成長を目指す」
「将来に羽ばたけるようなキャリア形成支援を行う」
「質の高い教育をもって社会に貢献する人材を育成する」
といった言葉が並びますが、おそらくこれらは「面倒見の良さ」ではないでしょう(もちろん否定するわけではありません)。

本当は、私たちが「面倒見の良さ」として進学校に求めていることというのは、単なる「高校の予備校化」なのではないか、と思います。

なぜなら、「面倒見の良さ」を求める結果として、「志望大学合格」を、私たちは暗に高校に託してしまっていると思うからです。できれば、塾に行かず、高校の授業だけで偏差値の高い大学に進学したい―—という考えです。その結果として、高校に、大学入試に直結した指導を求めてしまっているのです。

大学進学率が高まっている中で、大学合格実績を上げることは、進学校にとって至上命題と言えます。進学校に入学する以上、生徒やその保護者が大学進学を目指すことは当然です。それに応える形で、進学校は「確かな合格実績」を表に出します。メディアも、「東大合格者輩出高校ランキング」などという形で全国の高校を序列化します。序列化が数字として明らかになれば、序列が高い方に受験生が流れるのは当然のことです。進学校も、合格実績を上げるためには学力が高い生徒を欲しがります。そのために合格実績を発表します。そしてそれを再びメディアが・・・といういわば「合格実績スパイラル」とでも名付けられるような状況です。これが現在の「進学校」を取り巻く現状なのではないでしょうか。

その結果が、先ほど述べた「高校の予備校化」です。要は、大学進学を求める生徒や保護者のニーズに高校が答え続けた結果として、大学受験指導に特化した進学校が生まれているのではないかということです。

私はこの現状に対して疑問を投げかけたいのです。
本当に、高校は、大学受験に行くための「装置」であっていいのでしょうか。
高校というものは、経験豊富な教師や、同世代の友人たちから、人生にわたって響き続ける学びを得る場所ではないのでしょうか。
高校生という多感な時期に、多くのことに触れ、学び、感じ取り、考える、そういった「学び舎」としての姿が高校には求められるのではないでしょうか。

もちろん、すべての進学校が「予備校化」しているとは言いません。ただ、「面倒見の良さ」という言葉の裏にある、「大学受験合格」への私たちの追求が、一定数の進学校を、大学への進学実績という数字によって縛り付け、そしてそれを世間も是としている状況に疑問を呈したいのです。

「面倒見の良さ」という自分たちの表層的な希望の裏にある実際の欲求を、私たちは自覚しなければなりません。「大学進学」という希望は当然尊重されるべきものですが、それに過剰に応えようとして予備校化する進学校は、そもそも「高校」とは生徒にとってどのような場所であるべきか、再考する時期でしょう。そして、メディアも、不必要に合格実績によって世論をあおるべきではないのではないでしょうか。

ここに書いたことは「理想論」でしょう。「現実を見ていない」ともいわれそうです。しかし、私はあえて理想論を書きました。だれかが理想を語らなければ、その理想は決して実現されることはないと思うからです。