公立高校入試直前!

 公立高校入試まで残り2週間ほどとなりました。当塾の塾生たちは、自習室での学習も含め、日夜勉学に励んでいます。中には「昨日は気絶するように寝てしまった」と限界に挑戦した生徒もいます。

 この時期に必要なのは、「最後の追い込み」です。当たり前のことのように思われるかもしれませんが、入試直前になると、「調整」という名目で勉強の手を緩める受験生もいるのです。決して勉強のペースを乱してはいけません。今のテンションを維持したまま、最高潮の状態で入試に臨むことが重要なのです。これはスポーツ界のアスリートが自分を試合の前に高めるのに似ています。

 また、具体的には「全教科に毎日触れる」ことが重要です。数学や英語、国語は問題演習を行うべきです。そうしなければ「勘」が鈍ってしまいます。問題を解く感覚を研ぎ澄ましていきます。理科と社会の記憶のメンテナンスも欠かせません。

 2週間しかない、と思うこともあるかと思いますが、「2週間」は、学校の定期テストのための勉強期間と同じくらいです。つまり、各科目の苦手単元をひとつもふたつもつぶしていくことができます。

 できることはまだまだあります。自分を信じて、机に向かっていきましょう。もちろん、体調管理には気をつけてください。