· 

どうする?どうなる?私立対策

 福岡市内の私立高校の入試が間近に迫ってきました。

 

 「私立高校入試の問題が難しすぎる」

 「今まで公立高校対策しかしていないから不安だ」

 「何か難しい問題を解いた方がいいのだろうか」

 

 こういった生徒の声をよく聞きます。しかし、結論から言うと、「自分が受験する高校の過去問を解き、その傾向をつかむだけでOK」です(ただし、久留米附設高校やラサール高校などの全国的に難易度の高い私立高校は除きます)。

 

 なぜかというと、福岡市内の当塾周辺の私立高校は、実質倍率(受験者数÷合格者数)がそこまで高くない場合が多いからです。少なくとも当塾に通う生徒は公立高校が第一志望であり、私立高校が第一志望であるわけではありません。また、私立高校の問題が難しいといっても、実は本当に難易度の高い問題は少なく、公立高校入試で問われるレベルの事項を確実に吸収していれば解ける問題が大半を占めるのが実際です。

 

 したがって、まずは自分の苦手な部分を補うことが重要で、私立高校入試にしか出題されない難問の対策をすることに重点を置く意味はありません。そして、それが本命である公立高校入試の対策に直結することになります。

 

 自分の本来の目標が何なのか、今一度見つめなおし、腰を据えて勉強することが必要です。