新年のご挨拶

 新年を迎え、2019年となりました。皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 

 私たち菊池塾は年末年始も特に関係なく、ただ淡々と授業を行っております。「正月特訓」や「合格祈願の初詣」のようなイベントもない、地味な塾です。ただ、塾には「華々しさ」は必要ないと考えております。

 

 塾は勉強のための場所です。そして、そもそも勉強というものは地道に行う、一見すると彩りのないものです。生徒ひとりひとりが、その志望校と現在の実力に応じた勉強をする、ただそれだけのことです。何らイベントは必要ありません。

 

 無理を押して合宿に行って体調を崩すこともありますし、混雑する神社に初詣に行けば風邪をもらうこともあります。特に受験生に言えることですが、粛々と家もしくは塾など自習のできる場所で自分のペースで勉強するのが一番です。

 

 「人事を尽くして天命を待つ」という言葉がありますが、「人事」、すなわち自分がすべきことをせずに神頼みをしても、神様はお見通しです。まずはやるべきことをやるということ、それが重要です。

 

 浮かず沈まず、自分の目標に向けてたゆまぬ努力を続けていきましょう。

 

 今年もよろしくお願いいたします。