その「夏期講習」「合宿」の意味は何ですか?

もうすぐ夏がやってきます。

受験生であれば、「夏は受験の天王山」と言われたことが一度はあるでしょう。

確かに、自分で勉強できる時間が豊富にある夏休みは、成績を伸ばす時期として最適であると思います。

 

まず、私たち菊池塾の立場を表明すると、菊池塾では「夏期講習」、「合宿」と称するものは一切行いません。

私たちは学校があっている時期と同じように、淡々と授業をさせていただきます。

 

「夏休みだから、たくさん授業を受けて実力を伸ばそう」

「同じ塾の生徒と寝食を共にして、刺激を受けよう」

というのが、「夏期講習」や「合宿」の大抵のうたい文句です。

 

ですが、本当にそうでしょうか。

一般的な塾であれば、1学期で着実に学習を進めているはずです。

それをなぜ、夏休みという貴重な時間を使ってまで「授業」を改めて大量に受講する必要があるのでしょうか。

1学期と同じようなペースで受講し、学校で授業が進まないことを利用して、これまでの復習を行い、それが定着してから2学期の予習をすればいいはずです。

 

朝から晩まで授業を受ければ疲れますし、その分量の授業のための予習・復習をするのは大変です。

これではテスト前の「一夜漬け」をしていることと変わらないのではないでしょうか。

 

合宿についても、同様のことが言えます。

なぜ往復何時間もかけて合宿場所に移動するのかわかりません。時間を浪費しています。

「1日10時間の勉強漬けで勉強体力をつけよう」などということが言われますが、それも的外れです。

毎日の学習習慣と、ペースメーカーとしての授業が組み合わさり、学力が向上するのです。

 

「刺激を受ける」ことについては一理あるかと思いますが、たとえば集団指導を行う塾がそういったことを宣伝する場合は、何のための集団指導なのかと思う部分もあります。

 

以上の「夏期講習」及び「合宿」に関する疑念と、通年変わらないペースで勉強することにより学力が向上するという確信から、私たちは毎日毎週淡々と指導にあたってまいります。