「自分は大したことない」と思えるフィールドに行くこと

はじめに断っておきますが、この文章を読む方が「大したことない」と言いたいわけではありませんので、悪しからずご了承ください。
たとえば、あなたが中学校の野球部で、エースでバッター4番でキャプテンだとしましょう。
これはすごいことです。投げれるし、打てるし、チーム全体をまとめることができます。
しかし、中学校を卒業後、甲子園出場の常連校に入学して野球部に入るとして、同じポジションにつけるでしょうか?
残念ながら、同じポジションにつけることはほぼないでしょう。それどころか、二軍に甘んじることになるかもしれません。
そのときあなたは気づきます。
「ああ、自分は大したことがなかったんだ」と。
しかし、それはある意味幸せなことなのです。自分よりも才能があるのに、自分の二倍も三倍も努力する部員がたくさんいる。彼らがしのぎを削ってレギュラー入りのために努力する。このことに気付いたとき、あなたの「世界」は広がることになります。
今までの「中学校」という世界から、より広い、高校という世界へ入ります。それにより、あなたの視野が広がり、より高い目標をもって新たに努力することができます。
この話は野球に限りません。
他のスポーツや文化活動、勉学もそうなのです。
「井の中の蛙」から「上には上がいることを知る、ちっぽけな存在」へ。
それは「自分がダメ」ということではありません。
「今までの自分」から一歩進むチャンスを得たということなのです。
そして、受験にチャレンジするのであれば、よりレベルの高いフィールドを目指しましょう。輝く星のような同級生が、待っています。

 

私たち菊池塾は、そのアシストをしていきます。