菊池塾の料金設定

今回は、菊池塾の料金設定について書いていこうと思います。

ただし、月謝や授業料などは改定されることもあることをまず記しておきます。

 

菊池塾では、「カリキュラム管理費」などの名目では今のところお金をいただいておりません。

その理由は、「理由が不透明なお金をいただきたくないから」です。

 

「カリキュラム管理費」などという名目で高額なお金を請求する予備校もありますが、実態は不透明です。

 

次に「月謝」です。

現時点で、菊池塾では月謝を5,000円とさせていただいておりますが、それには意味があります。

授業時間外でも、勉強をしていれば、疑問点が浮かんでくることもあるでしょうし、進路相談をしたいときもあります。

ですが、そういった部分は、菊池塾として対応しても、「これこれの時間指導した」というように定量化できません。

したがって、授業時間外の質問対応や、志望校選択などの進路相談などの対価として、まとめて5,000円を月謝という形でいただいています。

そのため、小学生にはそういった対応は基本的に必要ない、との判断から、小学生の生徒からは月謝はいただいておりません。

 

次は、講師への報酬です。これは詳しい額は言えませんが、例えば学生講師ならば、相場の2倍はお支払いするようにしています。

私も学生が多数在籍する個別指導塾で勤務していたことがありますが、時給で900円や1,000円はザラですし、下手したら800円などもあります。

私が塾長として考えたのは、「それで講師のモチベーションが本当に上がるのか」ということでした。

いくらいい授業や指導をしても時給にして800円では、やる気が生まれないと考えました。

できる限り最高のパフォーマンスができるようにアシストするのが塾長としての役目だと考えたので、講師には相場の2倍の報酬を渡しています。

 

塾や予備校のビジネスモデルとは一線を画した形態ですが、このスタイルで塾を継続させ、教育界に新たなモデルを作っていきたいと思います。