03日 11月 2017
本日、11/3で、来年度の公立高校入試(3/7)まで124日となりました。 問題は、この124日という日数を「どう考えるか」です。 ひとつには、「あと124日しかない」という考え方です。 もうひとつには、「あと124にちもある」という考え方もあります。 「あと◯◯しかない」と考えると、焦りが出てきます。...
29日 10月 2017
▶「今通っている塾で過ごす時間が長すぎる気がする」 ▶「勉強が好きだから塾に通っているのか、単に友達がいるから通っているだけなのか、わからない」 ▶「塾では勉強しているようだけど、家で勉強する姿はあまり見かけない」 ▶「でも、今の塾に“決まっている”から今さら塾を変えるなんて…」...
26日 10月 2017
みなさん、高校入試での「国語」という科目に苦労していませんか? 苦労していないのであれば、大丈夫。このページを閉じて勉強に移ってください。 苦労している、という方からは、こんな声が聞こえてきそうです。 「今さらやっても無駄だよね」 「勉強しても伸びないし」 「結局才能でしょ?」 まず、勉強するのに「遅すぎる」ということはありません。...
27日 8月 2017
中学校や高校の生徒と接していると、たまにこういう生徒に出会います。 こちらが指定したわけでも、学校の先生が指定したわけでもない教材に取り組んでいる、というものです。 このような生徒は、難易度が高めの教材を使おうとしていることがかなり多いです。 もちろん、学力向上を目指して、プラスアルファの勉強をしていくことは素晴らしいことです。...
26日 8月 2017
予備校の講師としてのキャリアも段々と積んできましたが、少しずつ、「受かる生徒/落ちる生徒」の違いがおぼろげながらわかってきたので、ここに記します。 もちろん、受かる生徒とそうでない生徒との間には、わずかながらも看過しがたい学力差があります。ただ、それに関して言えば、当たり前のことであるので、ここでは割愛します。...
25日 8月 2017
ハインリヒ・シュリーマンという人物をご存知でしょうか。 あまり知られてないかもしれませんが、18か国語を操る語学の達人で、小アジアにある「トロイの遺跡」を発見した人物です。 語学の達人と書きましたが、彼はどのようにしていくつもの言語を習得したのでしょうか。 端的に言えば、それは「音読」によるものです。...
25日 8月 2017
「やる気スイッチ」という言葉は、とある塾が広告に使ったもので、流行語のようになりました。 「やる気スイッチ」とは、簡単に言えば、「ここを押せばやる気がどんどん湧いてくる」というようなものでしょうか。 さて、問題は、「どこを押せばいいのか」という点にあります。...
25日 6月 2017
成績を上げる、言い換えればテストで高得点を取るにはどうすればよいのでしょうか。 その答えは極めてシンプルです。 「勉強をすればいい」のです。 いやいや、自分は勉強してるよ、という声が聞こえてきそうですが、本当にそうでしょうか。...
10日 5月 2017
前回は、集団指導と個別指導の形式の違いやその背景を書いてきました。 今回は、それぞれのメリットとデメリットを書いていきたいと思います。 ◇集団指導 ○メリット ・講師の質が高い。...
30日 4月 2017
「集団指導」と「個別指導」。 塾や予備校を探していればよく目にするワードですが、その違いは意外とわかりにくいかもしれません。 「集団指導」とは、「マス型指導」とも呼ばれます。 すなわち、講師1人に対して生徒が多人数いる指導形態ということです。 バブルの頃にその絶頂を迎え、現在ではその数は少なくなっています。...

さらに表示する